看護部

質の高いトータルケアを目指して看護の質の向上に努め、
患者様に寄りそう看護を実践

看護部では、患者様の意思を尊重し、思いやりの心を持って看護サービスを実践しています。
看護スタッフはそれぞれ、外来・健診・地域包括ケア病棟・医療療養病棟・回復期リハビリテーション病棟に配属され、各職場の師長がスタッフを統率しています。普段の業務は各職場に分かれて行っていますが、看護部全体としての結束力も強く、互いに切磋琢磨しながら患者様に質の高いトータルケアをご提供できるよう自己研鑽を図っています。
また、看護師としての知識・技術・態度を高めるための教育や研修も熱心に行っています。看護部では、こうして日々「看護の質」の向上に努めながら、個々の患者様のニーズを的確に捉え、患者様に寄りそう看護を実践しています。

看護部長あいさつ

豊田えいせい病院に勤めて最初に感じたのは、医療法人社団恵成会には医療・介護・福祉の様々な施設があり、連携をとって地域の方々に適した支援ができることが強みであり、これからの時代に求められるところであると思いました。
病院は3病棟180床、2階療養病棟・3階包括病棟・回復リハビリ病棟のケアミックス病院です。
私たち看護師は、急性期から慢性期・見取り・地域連携・在宅支援・訪問看護と様々な状況で、地域住民のニーズに応えられるよう対応しています。同時に法人内の関連施設も含め、新人看護師・子育て世代・プラチナナース・看護補助者・介護福祉士・外国人労働者など、職種・個人の生活・キャリアに合わせた働き方を選択できます。
現代の超高齢化・少子化社会、これから到来する多死社会の問題に対して求められることは大きいですが、病院だけに限らず地域・在宅へも活動を充実させ、看護部としての役割を果たしていかなければと思います。
入院される方々、施設をご利用される方が、「えいせいに入院して良かった。」「この施設を利用して良かった。」と思っていただけるよう、地域の方々に安全で安心を提供できるコミュニティホスピタルとして、そして職員が働き続けられる職場環境をめざして取り組んでいきたいと思っています。

看護部 部長宮崎 良子

看護部の『理念』と『方針』

《看護部 理念》
私たちは患者家族の思いを尊重し、
地域や在宅へつなげる看護を提供します。
《看護部 方針》
  1. 1.患者さんやご家族に寄り添って、ともに満足できる看護実践を目指します。
  2. 2.患者さんがその人らしく生活できるよう地域との連携を深め、地域医療の充実に努めます。
  3. 3.ワークライフバランスを図りつつ、専門職として自己成長できるよう研鑽に努めます。

組織図

看護・介護体制(2交代制・夜勤3人体制)

病床数 看護配置
3階地域包括ケア病棟 60床 13対1
2階療養病棟 60床 20対1
回復期リハビリテーション病棟 60床 13対1

教育システム

看護職のラダー教育システム

教育システムに関しての説明文が入ります。教育システムに関しての説明文が入ります。教育システムに関しての説明文が入ります。教育システムに関しての説明文が入ります。教育システムに関しての説明文が入ります。教育システムに関しての説明文が入ります。教育システムに関しての説明文が入ります。

教育システム

部署の紹介

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟は、急性期治療後の患者様や、在宅施設療養中の方々が在宅復帰に向けた効率的な医療・看護・リハビリを行うための病棟です。
また、ご自宅や施設で急に具合が悪くなった方が入院治療を行うことで心身が回復し、再び在宅に戻ることができるよう支援しています。レスパイトケア希望の受け入れもしています。
患者様、ご家族様が地域の中で安心して暮らしていくための病棟として、寄り添った看護を実施させていただきます。

医療療養病棟

私たちの病棟は、慢性期疾患や終末期、在宅療養が困難な患者さんが入院している療養病棟です。高齢者の方が多く日常生活の援助や緩和ケアを中心とした看護を行っています。
1人の患者さんと長期わたり関わることが出来るため、急性期に比べより患者さんに寄り添った看護が出来ます。
また私たち療養病棟は、機能別看護を取り入れており業務ごとに係を決めその日のケアを行っています。そのためスタッフ全員が患者さん全員と関わる機会があり、いろんな視点から患者さんを看ることでカンファレンスが活発にされ、より良い看護が提供できる病棟です。

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患や大腿骨頚部骨折などの病気で急性期を脱した後、低下した能力を再び獲得するために、リハビリを必要とされる患者さんが入院しています。
多職種でチームアプローチを行い、日常生活で必要な動作の改善を図り、寝たきり防止と社会や家庭への復帰を目的に支援しています。

外 来

外来は最初に患者様を受け入れる場所であり、患者様の不安を少しでも緩和できるよう、心温まる看護に取り組んでいます。また、患者様がスムーズに診察を受けられるように、医師の診察補助や検査・処置などのサポートを行っています。

健 診

「特定健診」や「事業者健診」を行っています。問診聴取の中で生活習慣を聞き取り、対象者様に合った健康の維持・増進に役立つ情報の提供を心がけています。また、職員の健診やストレスチェックを行い、職員の健康状態の把握にも努めています。

にじいろ保育園

働くお母さん、お父さんの
子育てをサポートしています

小さいお子さまがいても、大好きな仕事を続けたい。そんな声に応えて、当グループでは職員用保育施設「にじいろ保育所」を用意しています。
専任の保育士5 人に見守られながら、たくさんのおともだちと一緒に、お母さん、お父さんが迎えに来るまで楽しく過ごせる施設です。

お問い合わせ